満足する賃貸探し!Chintai Assist

新しい生活の第一歩である部屋探しをサポートします。間違えないお部屋探しをしましょう!

賃貸の初期費用を準備する

家を買うと頭金と呼ばれる費用が必要になりますが、賃貸物件を借りる時にも初期費用が必要になってきます。

賃貸物件を借りる時に必要になる初期費用の中にはいろんなお金が含まれています。家賃は数カ月分前払いとなっている事もありますし、さらに敷金、礼金、そして仲介手数料が必要になる事もあります。

保険料の支払いも求められる事もあります。
物件ごとに求められる金額というのは異なります。

別途引越しの費用なども必要になる事でしょう。
物件を借りる場合においても、かなりの費用の支払いが求められる事もあるでしょう。

事前に必要な金額をおおまかに計算しておいて用意しておいた方がいいかもしれませんね。

モデルルームのような賃貸も借りられる

賃貸物件といえども、自分の部屋のようにカスタマイズできたり、家具家電がついていたりと利便性に富んでいる部屋が多くなってきました。

現在では、有名家具販売店とコラボレーションして、モデルルームのようにリノベーションをした賃貸物件もあります。このように、少しでも入居者が集まるように工夫しています。

また、企業にとっては商品の広告になり、物件を所持している人にとっても入居者が増加すると利害の一致が生んだコラボレーションでしょう。お洒落な部屋に住めば、自分の気持ちも変わり、日々の生活が明るく楽しくなります。

チェックポイントがたくさんある賃貸

日当たりや広さなどについて、賃貸選びの際に気になっている人は多い様です。しかし、賃貸に関しては入居を検討するなら、チェックポイントはたくさんあります。

何も考えないで賃貸情報を集めていたり、下見をしたりするだけでは、見忘れているポイントがあるという可能性もあります。

不動産の選び方に関する情報を参考にしたり、他の賃貸と比較してみるなどすると分かりやすいのではないでしょうか。

また、賃貸を決める際には自分一人だけで選ばないで、家族などに協力してもらって、意見をもらいながら考えてみるのもいいでしょう。チェックポイントがたくさんありますが、利便性に直結している事は特に確認が必要です。

賃貸の退去費用ってどれくらいかかるの?

引っ越しにはお金がかかると言われていますが、実際に賃貸を退去するにはどれくらい費用がかかるのでしょうか?退去するのにはお金はほとんどかかりません。よく退去費用を多額請求されたという情報をネットなどだと見かけますが、それは不動産会社に問題ありです。

基本的には入居した時に支払っている敷金礼金からクリーニング代は支払われますので、たばこを部屋で吸っていてよほど壁紙が汚れてしまっている、穴をあけてしまったといったイレギュラーがない限りは退去する時に費用を請求はされません。かかるのは引っ越し費用だけです。公共料金も最後の月は通常通り翌月に請求書がきます。

使っている賃貸は改造できない

契約して得ている賃貸を改造したいと思っても、改造する方法は用意されていません。リフォームなどによって、勝手に変えてしまうことができないので、持っている場合にはオーナーと相談して、リフォームできないか聞いてみましょう。

行いたいと思っても、オーナーが断ってしまえば対応することができなくなり、方法を取れないままとなります。改造する方法は基本的に使えないと考えて、持っている部屋で何かできないかを考えてみましょう。

持っている部屋を大々的に改造するような手法は、賃貸の契約上できないものですので、問題が起こらない範囲で快適な空間にしていきましょう。

賃貸に関する記事