満足する賃貸探し!Chintai Assist

新しい生活の第一歩である部屋探しをサポートします。間違えないお部屋探しをしましょう!

賃貸部屋のチェックポイント

希望の賃貸物件を見る際のチェックポイントを準備しておくことで、チェック漏れをおこさずにすみます。後で契約してしまってからの失敗も少なくなります。

築年数や概観を見ただけでは解りません。築年数が古くても、内装がとてもきれいに仕上がっている場合もありますので、実際に賃貸物件を見てから判断した方が良いかと思われます。

エアコンなどの備品や設備のチェックは必要です。壊れていないかなど必ずチェックしましょう。

万が一、壊れていた場合などは、賃貸の入居までに修理してもらえるのかなども確認する必要があります。

その他にも、最近では浴室乾燥や食器洗浄機などが装備されている賃貸物件が多くあります。見た目が奇麗でも、使えなくては、意味がありません。コンセントの数や、収納の数など確認しておきましょう。

大阪の賃貸に移り住む

大阪は日本で東京に次ぐ大都市ですね。人が多く集まっているということでは一致していますが、その文化の違いからか賃貸住宅事情が違ってきます。アパートなどの集合住宅に新しくこしてきた人は近所の人たちに粗品などを配って回るようです。

東京などでは隣の住人が誰なのかわからないなどとったことが多いですが、大阪はフランキーに近所づきあいをするということでも知られていますね。

大阪と東京の賃貸

賃貸住宅は敷金礼金という制度がありますが東京のそれと大阪とでは多少の意味が違ってくる場合もあるそうです。そこをちゃんと理解したうえで移り住むことが大事ですね。

成功する賃貸の魅力は

かなり多くの人に利用されている賃貸の場合は、魅力的な要素を多数持っています。その要素が多くなっていれば、ここは利用しやすいと感じられるようになり、入居を希望している方も増えてくるのです。

魅力としては、住みやすさを考えていきたいところです。住みやすいとされているところを使っていれば、それは安心できる要素もありますし、生活の拠点として利用しやすいのです。

魅力を感じられて、周辺環境などを見ていくと利用しやすいなどの良さがあるなら、できる限りいいと思ったところに入り、賃貸の魅力をさらに感じてみてもいいでしょう。

家具付き賃貸アパートの増加

入学や就職で賃貸アパートを契約したりしますが、一ヶ月程度の単身赴任であれば借りるほどでもないでしょう。ですが、ホテルに一ヶ月も宿泊するにしても、長期滞在割引がついていますが、費用が多く掛かってしまいます。そんな時には、家具や家電付きのマンスリーマンションをおすすめします。

あらかじめ家具などが設置してあるので、引っ越して直ぐに住むことが可能であることと、引越し費用がかからないメリットがあります。それに、解約時には持ってきた荷物と、身体一つで退去ができるので、ホテルほど気軽ではありませんが、簡単に引き払うことができます。

賃貸は自由な暮らしで気が楽です

一軒家を選ぶよりも賃貸がおすすめなのは、ライフスタイルに適した間取りにできたり、簡単に引っ越せるので勤務地が変わるなど、生活に変化が表れても新しい部屋を選べるというメリットなどがたくさんあります。

経済面においても、土地や建物の税金がかからず、多額のローンや修繕費もかからないのは、失業や収入ダウンしても安い賃貸に引っ越せば済みます。

また自然災害による不動産資産の損失がなく、地価変動での価値低下の不安やローンなどのプレッシャーもないので、精神的にも安心できる点が多く、余裕をもって日々の生活を過ごせます。

賃貸に関する記事